【アベノマスク】製造会社の残り1社(4社目)はどこ?

6 min

不具合が発生し、回収を始めた「アベノマスク」

ごたごたが続きますます政府への不信感が募るばかりです。

そんな中、政府がアベノマスクの製造元を公表したのですが、ここでも疑惑が・・・。

製造会社は全部で4社あるとの話なのに、なぜか3社しか公表されませんでした。

今回は製造元の残り1社について調べてみました。

スポンサーリンク

アベノマスク製造会社は?

現在公表されているのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社です。

 

社民党の福島みずほ議員がツイッターにアップした画像です。

  • 興和 54.8億円
  • 伊藤忠商事 28.5億円
  • マツオカコーポレーション 7.6億円

という金額です。合計で約90億円

アベノマスクの総費用は466億円ですので、約350億円以上の費用がどこに行ったのか疑問ですね。

スポンサーリンク

【アベノマスク】製造会社の残り1社(4社目)はどこ?

ネット上では国会議員の利権がらみではないか?との声が多く挙がっています。

 

4社の内3社を公表して1社を非公表にすれば、世間で批判や疑惑の目を向けられることは予想しやすいと思いますが・・・。

それでもすぐに公表できないとなると、やはり国会議員にゆかりのある企業が受注したのではないか?と思ってしまいますね。

 

アベノマスクより通常のマスクが欲しい!

ネットでは徐々にマスクの流通が回復しているようです。
こちらでの購入も視野に入れたほうが良さそうです。

不織布三層構造マスク






まとめ

今回はアベノマスクの製造元残り1社について調べてみました。

スポンサーリンク

マスクを何回も使いたい場合は除菌スプレーがおすすめ

相変わらずマスク不足が続いており、手持ちのマスクを何回も使いたい・・・、という方も多いのでは?

そんな時はマスクを除菌できるスプレーキノットを使って清潔に保ちましょう。



キノットの凄いところは、
  • キノットをマスクの外側や内側にスプレーするだけで、15秒以内に除菌ができる。
  • 次亜塩素酸水がアルコールでは届かないウイルスの細胞膜を透過、ウィルスや菌へアプローチする。
  • アルコールと違い弱酸性なので手肌に優しい
  • 子供やペットにも安心して使える
です。市販のアルコール除菌スプレーより優れた製品と言えます。 在庫がかなり少なくなっているので、気になる方は急いで買いましょう!(詳細は画像をクリック)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です