戸崎騎手が落馬したけど開放骨折ってどんなケガ?骨折と違う?

1 min

はじめに

地方の浦和競馬場で11月4日に行われたJBCレディスクラシック・交流G1でモンペルデュに騎乗していた戸崎圭太騎手が落馬し右肘の開放骨折と診断されました。

1枠1番でスタートした直後、外から来た馬と競り合い激しく落馬。前に激しく叩きつけられました。

中央競馬の騎手リーディングで現在3位の戸崎騎手。これからのG1シーズンでの活躍が期待されていましたが、長期離脱が予想されます。

ところで今回のケガは「開放骨折の疑い」と診断されましたが、普通のケガとどのような違いがあるのでしょうか?調べてみました。

開放骨折とは

 骨折とともに皮膚が損傷され、折れた骨がからだの外に露出してしまうことがありますが、これを特に開放性骨折と呼びます。
 からだの外にはどこにでも細菌がいると考えて、まずまちがいありません。いっぽう、骨は細菌の感染にきわめて弱く、けがの直後の治療が遅れたり不適切だったりすると骨の中に菌が住みついてしまい、治療が非常にむずかしい骨髄炎と呼ばれる状態になることがあります。このため、開放性骨折の場合は一刻も早く専門医による治療を受ける必要があります。

出典:時事メディカルHP

引用元の通り、折れた骨が皮膚を突き破って外に出てしまった骨折を開放骨折と呼ぶそうです。よく聞く複雑骨折も同じ意味だそうです。

想像するだけで鳥肌が立つようなケガですね。

まとめ

名実ともに日本トップジョッキーの戸崎騎手。まだ疑いの段階ではありますが、どのみち長期離脱は避けられないでしょう。

まずはケガを直して万全の状態で復帰されることを願うばかりです。

スポンサーリンク

マスクを何回も使いたい場合は除菌スプレーがおすすめ

相変わらずマスク不足が続いており、手持ちのマスクを何回も使いたい・・・、という方も多いのでは?

そんな時はマスクを除菌できるスプレーキノットを使って清潔に保ちましょう。



キノットの凄いところは、
  • キノットをマスクの外側や内側にスプレーするだけで、15秒以内に除菌ができる。
  • 次亜塩素酸水がアルコールでは届かないウイルスの細胞膜を透過、ウィルスや菌へアプローチする。
  • アルコールと違い弱酸性なので手肌に優しい
  • 子供やペットにも安心して使える
です。市販のアルコール除菌スプレーより優れた製品と言えます。 在庫がかなり少なくなっているので、気になる方は急いで買いましょう!(詳細は画像をクリック)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です