正月千鳥で紹介されたマスクの販売店や値段、購入方法は?【20210103】

1 min

ここでは1/3に日本テレビで放送された番組「正月千鳥」内で紹介されたマスクについてまとめました。

スポンサーリンク

光るマスク

最初に紹介された光るマスク。

口元に文字を映し出すことが出来ます。

日常使いではなくダンスパフォーマンスで力を発揮しそう。

開発したのはmplusplusという会社

光でエンタメに貢献している会社のようです。

ちなみに今のところ商品化されたおらず、一応値段は5万円とのこと。

翻訳マスク(C-FACE)

つけて声を出すだけで勝手に翻訳してくれる便利なマスク。

商品名はC-FACEというそうで、ドーナッツロボティクスという会社が開発しました。

価格はページによると

  • クラウドファンディング版が4378円(2021年2月末 発送予定)
  • 羽田空港版が6300円(税込)

とのことです。

スポンサーリンク

気流マスク(アネモイ)

口の前に空気の壁を作り、ウイルスを防ぐマスク。

もし一般に普及すれば煩わしさから解放されそう。

神戸大学とマトリクス株式会社の共同開発で、医療向けの10万5000と手が届かないのが残念。

詳しくはこちらから

真珠マスク

(株)レアールが販売した真珠マスク。

特にすごい効果があるわけではなく、見た目重視のようです。

プレスリリースによると値段は100万で、2020年6月27日から限定受注生産をしていたようです。

まとめ

今回は正月千鳥で紹介されたマスクの販売店や値段、購入方法についてまとめました。

スポンサーリンク

福袋は楽天カードで買わないと損!

楽天で福袋を買うならぜひ楽天カードを使いましょう!
楽天カードの良いところは

・100円で1ポイントが貯まる
楽天市場で使うと100円で3ポイント貯まる!
・ベーシックタイプなら年会費永年無料

つまり楽天で買い物するなら、楽天カードを使わないと損!と言えます。

ただでさえ値段が高い福袋ですから少しでもお得にお買い物しましょう!
詳しくは画像をクリック!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です